menu

就労移行支援事業所 リズム

  • リズムの職場復帰支援(リワーク)
  • TEL 0268-71-6034 受付時間 平日8:30~17:00
  • TEL 0268-71-6034 受付時間 平日8:30~17:00
  • よくある質問
  • お問い合わせ

支援プログラム内容

「作業療法士の技術」×「職業カウンセラーの技術」
生活リズムの確立から安定して長く働くために必要な能力の習得までをシームレスに行えます。
ひとりひとりにオーダーメイドのプログラムを提供するために、全てのプログラムはご本人とスタッフが話し合って利用スケジュールを組み立てます。
詳しくはお問い合わせください。

☆リクルート社と連携「Knowbe(ノウビー)」オンライン学習システム

リクルートが開発する就労支援プログラム「Knowbe(ノウビー)」で一緒に就労を目指しませんか?

「Knowbe(ノウビー)」紹介PDF


Knowbe(ノウビー)はリクルートが開発する就労支援プログラムです。「就労技能」「就労実習」「セルフコントロール」等の内容を一人ひとりのペースに合わせて学べるオンライン学習サービスです。
リズムではリクルートと連携してこのシステムを導入しました。
さっそくスタッフがKnowbe(ノウビー)を試してみました。その感想は…

<Excel、Word、PowerPointが自分の好きな段階から学べる>
「ExcelやWordを使えるようになりたい」という希望をよくお聞きします。もちろんスタッフも教えることはできますが基礎から全てを網羅することはなかなか難しいものです。でも教本を読みながら学習するのも大変ですよね。Knowbe(ノウビー)はオンライン学習なのでゲーム感覚で画面を見ながら進めていくことができます。また普段Excelを職場で使用しているスタッフも知らなかった便利な操作、ショートカットキーなどを覚えることができます。どこまで学習が進んだかが可視化されているので自分の頑張りが実感しやすいのも意欲を高めます。

<動画が多く用意されて理解しやすい>
ビジネスマナー、セルフコントロールのための認知行動療法などのコンテンツも用意されており、動画で視覚的に理解することができます。本やテキストだけよりも理解しやすく意欲が持てます。

<自分のペースで学びたい人、一から学んでみたい人にお勧めです>
リズムではKnowbe(ノウビー)をいつでも体験することができます。興味がある方はお気軽にリズムにお問い合わせください!

映像制作プログラム『りずむチャンネル』


映像制作プログラム『りずむチャンネル』は、地元商店街の店舗の魅力を動画で紹介するYouTubeチャンネルです。リズムの利用メンバーが企画・制作、そして編集まで、全てを行います。
上田市のデザイン会社「株式会社サングラフィカhttps://sangraphica.co.jp/」代表 三浦道也さんを講師にお迎えし、2ヶ月間全20回の映像制作ワークショップを経て、多機能型事業所リズムの利用メンバーが企画・制作まで、全てを行うYouTube動画チャンネル「りずむチャンネル」がスタートしました。
なぜリズムでYouTube動画をつくるのか?それは一連の活動が「表現そのもの」だからです。そして、「情報を発信する」ということには「伝えること」が含まれるからです。
「りずむチャンネル」の大きな目標として、近隣商店街の紹介動画を制作することでの「地域貢献」があります。そこには伝える情報に対する「責任」と「お客さんが立ち寄ってみたくなるような動画を制作する」という客観的な視点が必要となります。「責任」と「相手の立場から考える想像力」はどんな仕事にも共通する大切な魅力です。あーでもない、こーでもないと頭を悩ませつつ、アイデアを考えること、意見をまとめることを経験しつつ、そして、なによりみんなで楽しみながら動画制作と就労のためのスキルアップを目指します!


1.心とカラダのサポート(生活リズムと自信の回復)

オギタカさんの音楽ワーク


リズムは「私の領域」と「仕事の領域」の両方を成長させていくことを支援のコンセプトとしています。

信州音あそびの会 https://www.otoasobi.net/主宰
小諸市在住の作曲家・音楽講師・シンガーソングライターでもある荻原崇弘さんが隔週でプログラムを実施します!
題して「オギタカさんの音楽ワーク」
安心できること、自信を持てること、認められること、という大切な「私の領域」をオギタカさんの音楽ワークで成長させていきましょう!

疲れた心を癒やすお手伝いをします。

精神疾患、発達障害抱えた方は、疾患の辛さや失敗体験などから「自分に対する自信」を失いがちです。
心が疲れてしまっているときは、「楽しむ」ことを思い出すことが大切です。
音楽活動、運動、編み物や粘土・絵画など、「時間を忘れて集中できるアクティビティ」は、心に安らぎと満足を与えてくれます。
趣味を持つことや集中してなにかに取り組む体験は人生にとってとても大切な要素です。

〈アクティビティの一例〉

リズムで行っている作業療法的リハビリテーション活動をご紹介します。

◎ジェリー先生の英会話

ジェリー先生は英国人で美術館、博物館などの絵画の額縁の制作と修復を40年間お仕事とされています。
「もし英語を話せるようになったら外国の人と話しができるようになって世界が広がる」
それもとても素敵です。
そしてなによりリズムでジェリー先生とお話しする機会がもてることは、「新しいこと」「慣れないこと」「失敗しないか不安に思うこと」に一歩踏み出してみる機会になります。
日本語でも人間関係や他者との会話に苦手意識があったり積極的になれないと感じているとき、自分を伝える言葉を「意識して」声に出して喋るのは大変なことです。
でも「英会話」としてあたたかく受け止めてくれるジェリー先生に話しかけられて話し返すことは、なんだか勇気を持てそうな気がします。
普段は自分の前に覆いかぶさる「嫌われたらどうしよう」「失敗したら嫌だ」などの心配を忘れて「相手に伝える、相手に知ってもらう」ために人は会話をする、ということに気付くことができるような気がします。
「新しいことは不安だけれど、一歩踏み出せたらきっと楽しい」
それを実感できたときに「希望」が持てるのかもしれません。

◎フルートサークル・ドラムサークル

こころの栄養プログラムです。決まった曲を演奏するのではなく、みんなで創造性の赴くままに即興合奏をします。表現する楽しみとみんなに受け入れられる喜びを感じることができるプログラムです。

◎絵画

パステル、水彩、クーピー、そして各種スケッチブックを用意しています。基本的には好きな絵を描いてもらう自由絵画ですが、描くものが思いつかない場合や静かに作業に集中する体験をしたい場合には、ぬりえをおすすめすることもあります。「絵を描く」ということも人にとって根源的な活動です。得意不得意や好き嫌いがはっきり分かれやすいアクティビティですが、自分のイメージを白紙の上に表現していく行為は、「未来を描く」力につながるものではないかと思います。

◎編物

鉤針編み、棒針編み、ゆび編みもあります。編物というと女性のアクティビティというイメージになってしまいますが男性にも「挑戦する価値のある」ものだと考えています。英国の作業療法の研究論文には、編物を行っている人の70%以上が「自分が幸せだと感じている」という調査結果があります。特に気分の安定を求めている、必要としている方には深い安心を与えてくれるアクティビティです。まったくの初心者でもすぐに覚えて編めるようになるので安心してください。

心とカラダの理解を深めます。

毎日のバイタル測定、睡眠時間を記入した日記作成などで体調管理の週間を身につけます。医療リハビリ資格者がいるので急な体調の変化や症状に不安のある方も安心してご利用できます。
必要に応じて「気分チェックシート」や※「情報共有ツール」を使用して、疲労などの状態の変化やコントロールの仕方について理解を深めていきます。

※「情報共有ツール」とは調子が良好なときに感じることできること(良好サイン)と調子を崩し始めた際に感じることやできなくなること(注意サイン)を設定して日々チェックすることで本人と支援者が状態の変化を共有するツールです。

2.毎日の労働習慣とコントロールのサポート(学習によるセルフメンテナンス)

ワークショップ方式で楽しく学びます。

ストレス対処法や体調管理などについて、飲み物片手にリラックスしたワークショップ方式で学びます。対人コミュニケーションやビジネスマナーもみんなで実践学習します。対人関係で苦手さを感じていたり、断ることができなくて困った経験がある人は、トレーニングで自分の意見を相手に伝えることに自信が持てるようになります。(ソーシャルスキルトレーニング&アサーショントレーニング)
※教材は、障害者職業総合センター(NIVR)によって開発された「精神障害者職場再適応支援プログラム〜気分障害等の精神疾患で休職中の方のためのストレス対処講習」等を活用します。

〈SSTテーマ例〉
・挨拶、ビジネスマナー
・会話
・断れない・・・上手に断りたい(勧誘、遊びや飲み会への誘い、連絡先・SNSの交換など)
・知人に、自分には答えられないような深刻な相談をされた時
・闘病・治療中で仕事に就いていない時、知人に『今何してるの?』と問われ・・・どう答える
・アルバイトで失敗した時
・採用面接 etc.

もっと楽しく、もっと実用的な、もっと自信のつくSSTの時間を目指していきます! コミュニケーションでつまずくという方、SSTメインでのご利用にも可能な範囲で対応いたします。

◎ソーシャルスキルトレーニング(SST:Social Skills Training)
SSTは「社会技能訓練」です。言葉遣い、身ぶり、視線や体をどこに向けるかなど「こんな場面で困った」という場面をロールプレイで練習し、同じことがあった時もうまく振る舞えるように自信をつけていきます。講座は集団で楽しく行いますが、必要に応じ個別でも行います。

◎アサーショントレーニング(assertion Training)
 「アサーション」とは、より良い人間関係を構築するためのコミュニケーションスキルの一つ。トレーニングを通じて、一方的に自分の意見を押し付けるのでも、我慢するのでもなく、お互いを尊重しながら率直に自己表現ができるようになることをめざします。

◎アンガーコントロール支援
アンガーコントロール支援は、自分の怒りについて理解し、怒りの感情に対するセルフマネジメント能力を向上させることを目的としています。怒りを否定し抑制するのではなく、自然な感情であると受け止め、適切な対処を取れるようになることを目指します。

◎ストレス対処法講座
ストレスの基礎知識を学び、対処方法を練習します。ストレスを必要以上に感じないですむ受け止め方のコツのひとつ「セルフトーク」、「やわらかあたま」で物事を捉えてみる方法などを実際に練習します。

自分をコントロールする方法発見のお手伝い。

バイタルチェックや運動を通して自分をコントロールする方法を見つけます。腕時計型心拍計で、心拍数と疲労度を比較して、自分自身の緊張の度合いとちょうどいい運動量などを見極めるお手伝いをします。

3.労働スキル習得のサポート(職業訓練と評価)

一人ひとりの職業適性を見つけます。

職業適性検査などの各種評価を行うことで職業適性を見極め、一人ひとりにあった支援計画を立てます。必要な段階の学びを得ることができます。
例えば、適性検査で自分の気づいていなかった得意分野を知る。OSI職業ストレス検査で仕事や職場で自分がどんなことをストレスに感じるのかを理解して対処方法をみつける、といった使い方ができます。

職業訓練プログラムを実施します。

障害者総合職業センターが開発した職業訓練用のワークサンプルキットなどの模擬的なワークや適性検査等を通して作業分析を行い、ひとりひとりの特性に応じた必要なスキルの練習を行います。職業カウンセラーの経験を持つ作業療法士、言語聴覚士スタッフが担当します。
職業準備性が高まってきた段階で、企業研修、職場実習等を行います。

〈リズムで用意しているワークサンプル〉

◎ワークサンプル幕張版(MWS)
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構障害者職業総合センター研究部門が開発したワークサンプルキットです。リズムではOA作業、事務作業のキットを用意しています。キットはそれぞれ難易度が細かく設定されているため、基礎から始め、訓練によるレベルアップやその時点でのレベルの評価が容易です。

◎ピッキング
「ピッキング」とは、伝票や指示書にしたがって倉庫などで商品や製品を取り出していく作業のことです。
実際の流通業様の倉庫で使用されるような伝票を使って行います。ピッキング作業ができるようになることだけが目的ではありません。流通業様の現場と同様に、コミュニケーション、注意力、指示遂行、プレッシャー・負荷、耐久力など細かい視点で実務的に評価・訓練していきます。

〈コワーキングスペース&上田映劇清掃ボランティア〉

清掃業務などへの就職を希望する人を対象として、海野町商店街お向かいのコワーキングスペースHanaLabUNNOさん(女性のための就労支援をされています)で毎朝30分程度窓拭き、テーブル拭き、モップがけなどの清掃作業を行います。就労体験の最初の一歩として「明るい挨拶」「丁寧な作業」「清潔な服装」を心がけて実施しています。毎朝専用のユニフォームに着替えて身だしなみチェック、挨拶の練習をしてから清掃に向かっています。
また上田の老舗映画館で映画のロケにも使われた「上田映劇」さんも清掃も実施しています。月一回刊行の「上田映劇ジャーナル」の配布もお手伝いしています。

4.就職活動の支援(同行支援の実施)

求職活動の支援

◎職場見学・実習
就業・生活支援センターと協力して職場見学・職場実習を実施しています。
「製造業のクリーンルームでの作業を体験してみたい」というような希望があるときに、一般企業にお願いをして見学会を実施します。また就職準備のために実際の職場で1~2週間の実習を行わせていただきます。

◎ハローワークへの同行
必要に応じてハローワークへの同行を実施します。
利用者さんと一緒に求人票を確認する、あるいはハローワーク職員との面接の同席なども行います。

◎就職面接への同行
企業の許可がいただける場合に面接に同行します。
本人の得意不得意などをまとめた「ナビゲーションブック」の説明なども行います。
また面接の模擬練習、履歴書の作成なども個別に支援いたします。

◎職場開拓
会社見学や1~2週間程度の研修を受けていただける企業様を開拓しています。
利用者さんは様々な業種の現場を体験できる機会となり、企業様には「障がい者就労」について知っていただく契機となります。
リズムでは、社会貢献の一環として、また障害者雇用を促進していく目的で職場研修を受け入れて下さる企業様を募集しています。
また、弊社代表が長野県中小企業家同友会上田支部に所属しており、同友会活動を通じて地域企業との協力関係を構築しています

【現在御協力いただいている主な企業様】
◎株式会社高和製作所http://www.kowa-foundry.jp/
◎株式会社はたらクリエイトhttps://hatakuri.jp/
◎上田映劇http://www.uedaeigeki.com/
◎株式会社サングラフィカhttps://sangraphica.co.jp/
◎長野県中小企業家同友会http://nagano.doyu.jp/
他多数(順次更新予定)

就労定着支援事業

◎「就労定着支援事業所リズム」を併設しています!
企業に採用されてからも継続的に支援を行います。
職場の人間関係の悩みや職務での困りごとなどを企業と本人の双方と連絡を取りつつ適切な支援を実施します。
また「情報共有ツール」を利用して本人の状態把握、適切な介入に役立てています。
PDFはこちらからダウンロードできます!「就労定着支援PDF」

5.リズムプログラム表

PAGE TOP